北辰グループについてabout group

北辰の志(こころざし)

 当事務所の北辰税理士法人の商号は、北斗監査法人(現仰星監査法人)の創立メンバーであり、日本公認会計士協会副会長を長年に亘って務めた故澤田眞史先生と澤田先生が亡くなるまで支え続けた生涯の友である高谷伸介先生が設立した北辰税理士法人から名前をいただいたものであります。「北辰」という名称は、論語の「子曰く、政(まつりごと)を為すに徳を以ってすれば、譬(たと)えば北辰其の所に居て、衆星之に共(むか)うが如し」に由来しています。

 北辰とはまさに満天の不動星である北極星又はその位置を示す北斗七星を意味します。北極星が不動星として満天の中心にあるように、徳(人間性を伴ったプロフェッショナリズム)があれば、衆星(優秀で志の高い人材)が自然と組織に集まってくるということを意味しています。

 星空を仰ぎ見るとき、心は壮大に広がり、自己の狭量や小さな利害に拘る気持ちを忘れさせます。「北辰」の法人名もまた、「公正と誠実」を基本姿勢とし、クライアントの皆様に「確かな視座」を提供しようという我々の理念にぴったりだと思っております。

 何故、私たちが「公正と誠実」を企業の基本精神に据えるかといえば、企業家にとって社会や従業員、得意先、仕入先、株主等のステークホルダーへの誠実こそが永遠の企業繁栄につながることを確信するからです。

 私たちは、脱税や卑怯を嫌います。従業員や取引先等を真に大切にする経営者が社会に反旗を掲げることは決してありません。皆社会の一員だからです。公正な目で真実を見つめる経営こそが社会に求められます。私どもの思いは、クライアントである皆様が社会から必要とされ永久に繁栄をすることを願うからこそにほかになりません。企業とは人の集団であります。徳を持つ起業家の元には、志のある優れた仲間が集います。私たち税理士法人も皆様とともにそうでありたいし、夜空に不変として輝く星のように公正と誠実を貫きたいと願っております。

公認会計士 柴田和範会計事務所 所長
北辰税理士法人 CEO・パートナー

公認会計士・税理士